Test Dept. - Atonal & Hamburg "Live"

f:id:giesl-ejector:20210203190055j:plain

 

 英国が誇る鬼パーカッション軍団、Test Dept.のライブ盤。全て1985年の録音で、前半4曲がドイツの音楽フェス『Berlin Atonal』*1出演時の録音、後半3曲がハンブルグでのライブの録音です。リリースは(エンヤ化する前の)初期DeleriumやControlled Bleeding、Chromeなどを出していた、Dossierというドイツのレーベルから*2

 

 80年代の彼らのライブ音源には、本作以外にもう1つ「Ecstacy Under Duress」というアルバムが存在しますが、あちらは82~83年の録音ということで「Beating The Retreat」からの曲が中心。したがって、彼らの代表作であり最もテンションが高かった「The Unacceptable Face Of Freedom」前後の公式ライブ音源はこれが唯一です。そういう意味でマニアにとっては見逃せないアイテム。

 

 中身はまさに、全盛期のTest Dept.の迫力を見事に切り取った内容となっています。やはりこの人たちの音楽性はライブの方が映えるというか、演者のボルテージが高まるようですね。特に後半3曲の迫力は、スタジオ音源を遥かに凌駕していますし、全7曲・40分とコンパクトなのも個人的によし。こういう音楽性で延々70分とか聴かされてもこっちが疲れてしまうので…(オイ)。選曲の面でも、自主製作カセット*3から2曲、「Beating The Retreat」から3曲、「The Unacceptable Face Of Freedom」から2曲とバランスが取れています(欲を言えば、これに"Compulsion"が加わっていれば完璧だった…)。

 

 レーベルがどマイナーなせいで入手はやや難しいですが、探す価値のある内容だと思います。意外とTest Dept.入門にいいかも(?)。オススメです。

 

Released Year:1992

Record Label:Dossier

 

Track Listing

  1. The Fall From Light
  2. Total State Machine
  3. Shockwork
  4. Gdansk
  5. Kick To Kill
  6. Fist
  7. 51st State Of America
 

 Pick Up!:#7「51st State Of America」

 自国(英国)を指して「ここはアメリカの51番目の州だ」と歌に乗せて皮肉ったのはThe Theのマットジョンソン*4でしたが、こちらはもう皮肉どころか徹頭徹尾マジギレしております。このパーカッション乱れ打ちは、血管切れるどころか掌の皮とか心配になるレベル。コラコラ、お決まりの皮肉のセンスはどこへ行っちまったんだいジョンブル(英国人)…というツッコミはまぁさておき。

*1:近年も開催されている息の長いフェスのようです。今は完全にテクノ系イベントと化しているようですが。Berlin Atonal〜原点に回帰し、未来を憂うベルリン・サウンドの本懐〜 – FLOOR

*2:変わりダネだと、へなちょこゴシックパンクだった頃のマイブラの1stをCDでリイシューしたのもここだったり。

*3:あまり知られていませんが、初期にこういうのを出してたりします→Test Dept. – History (The Strength Of Metal In Motion) (1982, Cassette) - Discogs

*4:The Theの"Heartland"という曲を参照の事。→https://www.youtube.com/watch?v=fPSO8pdAX6c

Die Krupps - Metalmorphosis Of Die Krupps '81-'92

f:id:giesl-ejector:20210223200439j:plain

 

 タイトルの通り、クルップスのデビューから「I」までの音源をまとめたコンピレーション盤。発売は96年と既にインダストリアルメタル化が進行していた時期ですが、「Ⅱ」以降の音源はスルーされており、どちらかと言えばEBM路線の時期に焦点を絞った内容です。

 

 彼らの初期音源といえば、MuteのサブレーベルGrey Areaから出ていた「Metall Maschinen Musik: 91-81 Past Forward」がよく知られていますが、今回取り上げるこのコンピはまさにその上位互換…と言うにはちょっと弱いかなぁというのが正直なところ。

 

 #1、5など、「I」からのシングル盤でしか聴けないリミックスの収録は有難いし、#2、6といったコンピレーション盤への提供曲といった目玉もある一方で、#3、4のようにオリジナルアルバムの曲をそのまま入れていたりと、レアトラック集にしたいのか初心者向けベストにしたいのか、焦点がブレている印象。#7、8は「Past Forward」収録版とは別バージョンを入れる気配り(?)を見せる一方で、#9以降の曲目がほとんど「Past Forward」と同じというのもちょっと残念です。特に"Stahlwerksinfonie"はどうせなら(A)ではなく(B)を入れて欲しかったところ。まぁ仕事の雑さに定評のあるクレオパトラのリリースなので仕方ない所でしょう。

 

 とはいえクルップスのシングル盤など国内ではそうそう見かけないので、一応それなりの史料価値はあるんですよね。特に#5はオリジナルに比べてメタパーもギターも厚みが増した、全体的に派手なミックスで原曲よりも好きだったり。逆に#7はなんか音が控え目であんまし面白くなかったりするんですけども。いずれにせよ、これ1枚あれば「Past Forward」は要らないかというとそんなことはなく、むしろアルバム全体のバランスやまとまりはあちらの方が優れているので、入手性を考えても初心者はそちらを買った方がよいかと思われます。このアルバム自体も出回った数が少ないせいか微妙に入手困難ですし。マニア向けのアイテムですね。

  

Released Year:1996

Record Label:Cleopatra

 

Track Listing

  1. Metal Machine Music (The Aggressor)
  2. The Dawning Of Doom (Remix)
  3. High Tech/Low Life
  4. Disciples Of Discipline
  5. The Power (Metal-Hardfloor Remix)
  6. Isolation
  7. Germaniac (Walhalla Version)
  8. The Machineries Of Joy (Radio Version)
  9. Risk (Operatic Intro)
10. Gladiators (Demo Version)
11. Risk (Metallic Outro)
12. Neue Helden
13. Tod & Teufel
14. Wahre Arbeit Wahrer Lohn
15. Stahlwerksinfonie (A)

 

 Pick Up!:#6「Isolation」

 ラフトレードのコンピ盤に提供した、Joy Divisionのカバー曲。「Ⅲ」に同名のシングル曲がありますが、あちらはクルップスのオリジナル曲で全くの別物というのが紛らわしい…。メタリカのカバーアルバムでは原曲を大胆にEBM化し度肝を抜いた彼等ですが、今回はわりとオリジナルに忠実。ボディビートやジェットエンジン音のサンプリングを駆使して音の厚みは強化しつつも、原曲の冷たさや無機質さをキープした仕上がりです。当然ながらメタルギターは皆無。DESSAUによるカバー版と比べてみるのもまた一興でしょう。

Blue Eyed Christ - Leaders + Followers

f:id:giesl-ejector:20210219212556j:plain


 ロサンゼルス出身のEBM/インダストリアルロックユニットの1stアルバム。90年代に残したのはこの1作だけでそれきりかと思いきや、2000年以降もちらほらとアルバムを出しており、2020年にも新作をリリースしている貴重な現役組です。中の人はThrill Kill KultのGroovie MannとTrash Deityというユニットをやっていたり、最新作ではKMFDMのEn Eschをゲストに招いたりと、「そっち方面」とも交流がある様子。

 

 本作はベルギーのEBM系レーベルであるKK Recordsからのリリースということで、US出身ながら同時期の米国のEBMグループとはやや違う雰囲気があります。重量感のあるマシンビートや線の細いディストーションギターの使い方はRevolting Cocksのそれなんですが、そこに乗っかるウワモノのシンセはひんやりとした冷たい質感で、Front 242やA Split Secondのようなベルジャンニュービートを連想したり。そしてVo.はTKKを思わせるキンキン声というなかなか面白い取り合わせです。アメリカンなEBMとヨーロピアンなEBMの良いとこどり、みたいな。

 

 全体的にB級な垢抜けなさはあるものの、各曲のクオリティは粒揃いです。曲ごとのカラー付けも、性急で直線的なボディの#2、高圧的なメタパーを配置した#7、スリリングなシンセベースとクワイアの使い方がダンジョンBGMっぽい#8等なかなか多彩で、アルバムを通じて一本調子にならないよう工夫されています。如何せん所属レーベルがマイナーだったせいで日の目を見ていない*1感じですが、仮にWax Trax!から出ていればもう少し名を残せたんじゃないかという気も。Revolting CocksやTKKが好きな人は一聴の価値あり!な内容です。

 

Released Year:1991

Record Label:KK Records

 

Track Listing

  1. Intro
  2. Surrender
  3. Angesls
  4. Crucifixion
  5. Catch My Fall
  6. Addicitive
  7. I'm Falling
  8. Land Of Hypocrisy
  9. Spiritualism
10. Angels (Reprise)

 

Pick Up!:#5「Catch My Fall」

 横ノリの重厚なビートが気持ちいいシングル曲。終始ミッドテンポながら、本作の中では最もキャッチーな曲かも。特に、サビで出現するオーロラのようなシンセサイザーの使い方が堪りません。「Catch my fall, Save us all」という歌詞にも、どこか初期NIN的・欧州的な繊細さ(情けなさともいう)と哀愁があって、米国産EBMのマッチョさとは一線を画していますね。つくづくアメリカ出身らしくなくて面白いユニットだなと。

*1:あとは購買意欲を削がれるこのダサジャケも要因の1つかな…。

Lead Into Gold - Chicks & Speed: Futurism

f:id:giesl-ejector:20210218191304j:plain


 ミニストリーは80年代後半に多数のサイドプロジェクトで作品を残していますが、このLead Into Goldは珍しくPaul Barkerが主導のユニット。本作は彼らの初期シングル2枚をコンパイルしたEPです。

 

 各シングルのA面曲である#1や#4は古き良きEBMといった感じで素晴らしいのですが、それ以外の曲は正直それほど…といった感じでしょうか。どの曲もドラムサウンドミニストリー的なズシズシ来る重厚感があって悪くないんですけれど。今は亡き某EBMサイトでは『LAIBACHを思わせる荘厳さという方向性があるのに、PAUL BARKERが昔いたグループの曲の焼き直しが妙な形で差し込まれていて×』と腐されておりました。このユニットではVo.もポールが担当しているのですが、ダミ声でもウゲウゲ声でもない独特の甲高い声質(単に歌が下手とも言う)なので、そこも好みが別れそう。

 

 ちなみに上記の"昔いたグループ"というのは、ポールがミニストリー加入前にやっていたThe Blackoutsというバンドのこと。彼らのシングル「Lost Soul's Club」をAl Jourgensenがプロデュースしたのがきっかけで、アル×ポールの黄金タッグが誕生したようです。さらに言えば、The BlackoutsのVo.以外のメンバー3人は、バンド解散後にそのまま「Twitch」発表後のミニストリーのツアー*1に帯同しています。この3人というのが、Paul Barkerにその弟のRoland Barker、そしてドラマーのWilliam Rieflinだったという…。つまりThe Blackoutsは、その後のミニストリーやリヴコの母体となったグループでもあるわけですね。

 

 完全に余談ですが、楽曲自体の演奏には何も関与していないにも関わらず、#1のPVにはMartin AtkinsとTrent Reznor(!)が出演していることでも知られています(チラッと映る程度ですが)。 詳細は不明ですが、トレントさんのヘアスタイルと時期的に、PV撮りの際に隣で"Head Like A Hole"のPVを撮影していたので、アルさんたちが隙を見て引っ張り込んだのでは…と噂されているようです*2

 

Released Year:1990

Record Label:Wax Trax!

 

Track Listing

  1. Faster Than Light
  2. The Stripper
  3. Beauty
  4. Idiot
  5. Blackened Heart
  6. Hatred

 

 Pick Up!:#4「Idiot」

 スローテンポな曲が大半な中、際立ってノリノリなデビューシングル。弾けるようなエレクトロニック・ジャンク・ビートと、躍動するデケデケベースライン*3が気持ちいいこと気持ちいいこと。本家ミニストリーやリブコでもあまり見られなかった、どストレートの直線的なボディは必聴です。この曲だけは作曲でアルさんがクレジットされているのを確認して、なるほどまた鬼才の仕業ね…と納得したのでした。

*1:このツアーの模様は「Toronto 1986」というライブアルバムに収録されています。→https://ministryband.bandcamp.com/album/toronto-1986

*2:確かに、Martin Atkinsも"Head Like A Hole"のPVに出演していますからね。

*3:ソフバの"Virtual War"のベースラインの元ネタではないかという説もあったり。

2020年に買った新譜

f:id:giesl-ejector:20201227174644j:plain

 

 昨年の好評を受けて(?)、今年もやります「今年買った新譜」企画。今回もあくまで"自分が購入した順"でご紹介(リリース順ではないので念のため)。

 2020年はコロナの影響もあり、新譜/中古問わず店舗でCDを買う機会が激減。散々お世話になった渋谷レコファンも閉店してしまい、個人的にはCD→ダウンロード購入へのシフトが急速に進んだ1年でした。いざ始めてみれば便利なもので、今となっては何故あれほどCDに拘っていたんだろう…という気持ちすらありますね。まぁ旧譜などCDで買った方が安い場合はそちらを買うんですが、新譜については今後ほぼダウンロード購入に切り替わっていくだろうなぁ*1

 

 Riki - Riki

 過去のレビュー記事はこちら。↓

giesl-ejector.hatenablog.com

  

②Choir Boy - Gathering Swans

f:id:giesl-ejector:20201116203642j:plain

  こちらもDais Records発のシンセポップユニットによる2ndアルバム。レーベルメイトのDrab MajestyやRiki、Tempersと同じく、彼らも80年代風の音作りが特徴的です。しかし、英国ニューウェイブの色が濃い先述のグループに対し、このChoir Boyはバックサウンド以上にVo.の「歌」が前に出た造りで、そういう意味ではもはやニューロマや80's歌謡ポップスの域に近い雰囲気かも。モリッシーを連想させる(いい意味で)キモいファルセットボイスと相まって、かなり"泣き"の要素が強調されています。雑に例えるなら、The Smithsの曲をSoft Cellに演奏させたら…みたいな感じでしょうか。ジャケやPVからも判る通り、なかなかキャラが濃い*2ので人によっては引いてしまうかもしれませんが、そのメロディセンスはホンモノ。アルバムの冒頭3曲は全て外れなしの名曲ですが、個人的にはその中でも、哀愁と温かさを湛えたキーボードの旋律が泣かせる#1が特に好きです。

  

③TRIAL - 1

 過去のレビュー記事はこちら。↓
giesl-ejector.hatenablog.com

 

④Black Magnet - Hallucination Scene

f:id:giesl-ejector:20201104215258j:plain

 今、インダストリアルメタル界隈で静かに話題となっている(?)期待の新人、Black Magnetのデビュー作。巷では「Godflesh/Ministryのような」*3と枕詞を付けて売り出されていますが、個人的にはそれだけに留まらない懐の深さを兼ね備えていると思います。確かにミッドテンポなギターリフでねじ伏せる#1や#4ではGodflesh的な側面ものぞかせていますが、アルバム後半ではメタルというよりハーシュEBM/アグロテック的な色が強く、トータルとしては90年代のLeaether Strip/Klute、あるいはNumbを想起させる仕上がり。肉厚で凶暴なボディビートと吐き捨てVo.の組み合わせが堪りません。特に、削岩機のような激烈ビートで駆け抜ける#3はもはや完全にKluteの再来で、個人的にはこの曲だけでもう拍手大喝采です。近年パッとしない印象があったインダストリアル"メタル"界における、久々の快作。

 

⑤Deafkids & Petbrick - Deafbrick

f:id:giesl-ejector:20201104215630j:plain

 Sepulturaの元ドラマー、Igor Cavalera率いるインダストリアルロックユニット:Petbrickと、ブラジル出身のトライバル・ハードコアバンド:Deafkidsのコラボアルバム。上のBlack Magnetと同日発売だったので同時に入手したんですが、このDeafbrickもなかなかにアグレッシブな高速インダストリアルメタルです。ただ、こちらは片や元ドラマー、片や"トライバル・ハードコア"ということもあり、変態的なリズム面への拘りが前面に出ている印象。民俗的なチャカポコしたパーカッションを主軸とし、随時電子ノイズやメタルギターを組み合わせていくスタイルは、一般的なインメタのそれとはかなり異なるものです*4。ときおり挟まれるトライバル・ダブ風味のインスト曲をはじめ、Black Magnetに比べるとやや取っ付きにくい部分もありますが、こちらも要注目な最新型インダストリアル・スラッシュと言えるでしょう。ちなみに、#9はDischargeのカヴァーのようです。

 

⑥Vatican Shadow - Persian Pillars Of The Gasoline Era

f:id:giesl-ejector:20201104215902j:plain

 Prurientをはじめ多数の名義で活動するDominick Fernowのプロジェクト、Vatican Shadowの9thアルバム。この界隈では比較的メジャーな存在らしいですが、自分は最近まで彼の作品にほとんど触れてきていませんでした。何だかんだ分かりやすいものを好む自分にとっては、試聴した限りちと難解な印象があったので…。一応、Prurientはラムレー直系のパワーエレクトロニクス、Vatican Shadowはインダストリアル風味のテクノ、アンビエント、というカラー分けがなされているようです。本作はGodflesh/JesuのJ. K. Broadrickがマスタリングで参加、さらにデスメタル系レーベルとして知られる*520 Buck Spinからのリリース*6ということで、前情報だけ見るとまさかのメタル路線!?なんて勘繰りたくもなりますが…中身はいつも通りの暗黒インダストリアル・アンビエントですはい。ただ(試聴しただけですが)これ以前の作品と比べると、全体的に有機的かつ"まろみ"のあるような音ですね。J. K. Broadrickの影響かは判りませんが、自分はバキバキのハイレゾなテクノイズよりは、少し輪郭のぼやけた音が好きだったりするので、個人的には歓迎したい方向性です。

 

⑦Wisteria - Never Waved

f:id:giesl-ejector:20201104220140p:plain

  シアトル出身のダークウェイブ/シンセポップユニットの1st。これはベルリンに拠点を置く地下レーベル、Detriti Recordsを辿っていて発見しました。このDetriti、東欧やロシア・旧共産圏などのマイナーなポストパンク/ダークウェイブ/EBMグループの音源を多数リリースしており、一部界隈では以前から話題になっている旬なレーベルの模様。全体的にアングラでストイックな音のグループが多いのですが、そんな中で場違いな煌びやかさを湛えていたのがこのグループ。Dais Records所属と言われても全く驚かない、ネオンサインを連想させるキラキラしたシンセが大活躍。そのままだとニューロマとかそっち方面になりそうなところを、見事なほど覇気のない低音Vo.がうまい具合に中和(?)しています。青白い顔のゴス系モヤシ男子がボソボソ歌ってるさまが容易に想像できる声というか。ネット上のスキニー・パピーのレビューで「ビタミンC不足気味なメロディ」という秀逸な表現を目にしたことがありますが、このWisteriaのVo.もまさにそんな感じですね。

 

⑧Cardinal Noire - Nightmare Worms

f:id:giesl-ejector:20201104220346j:plain

  フィンランドEBM/エレクトロインダストリアルユニットの1stEP。2015年頃から活動しているようで、既に2枚のアルバムを発表しています。今年一番驚かされたのがこの作品でした。なにせNecro Facility以来の直系Skinny Puppyフォロワー、それも一番狂っていたToo Dark Park~Last Rightsの頃のパピーを模倣するサウンドなんですから。従来スキニー・パピーのフォロワーといえば、ぶっちゃけ「ちょっとノイジーなFront Line Assembly」みたいなダークエレクトロ系がほとんどで、(一部の例外を除き)中期パピーのぶっ壊れサウンドへの追従はしない…というより誰も真似できない、という印象すらありました。しかしこのCardinal Noireは、その高すぎるハードルに真っ向から挑み、本家パピーに肉薄する驚異と脅威のハーシュEBMを完成させています。腐乱死体の如く腐りきったノイズに、先の読めない狂気の変則ビート、重厚で荘厳なシンセの旋律、ウゲウゲの死神ヴォーカル…どこをどう切り取っても完璧にSkinny Puppy。前情報なしで聞かされたら本家の未発表音源かと錯覚しそうなほどです。ゆえにオリジナリティは薄いかもしれませんが、この圧倒的なクオリティを前にしてそんなことはもはや問題にならないでしょう。必聴です!

 

⑨Cbaret Voltaire - Shadow Of Fear 

f:id:giesl-ejector:20201227174015j:plain

 昨年のTest Dept.に続き、インダストリアル界の大御所がまたしても復活。26年ぶりのオリジナルアルバムが投下されました。とは言っても、メンバーはRichard H. Kirk一人だけで、実質的には彼のソロアルバムと言ってよさそう。先行公開された#7を聴いたときは、中期のエレクトロファンク路線の延長線上というか、最近流行りの"プレEBM"路線で来るのかな?という印象でしたが、アルバムを通して聴くとどうやら違う様子です。確かにEBM以前のプリミティブなエレクトロ・インダストリアルではあるのですが、中期のようなファンキーでコシのあるビートではなく、よりチープなリズムとざらついたサウンドコラージュを中心に淡々と進行していく様は、どちらかといえばChris Watson在籍時の初期に近いような。自分は中期のキャブスしか通っていないのではっきりとは判りませんが、恐らく今までのキャリアで獲得した要素を全て盛り込みつつ、単なる懐古に終わらない現在進行形の音を構築することに成功しているのではないでしょうか。そのせいかネット上では、保守的な印象のある初期キャブスファン*7にも軒並み好評な模様ですね。全曲6分越え、8曲で60分というボリューム感なのでまだ消化しきれていない部分もありますが、このクールでストイックな音はなかなか癖になります。初期のアルバムも聴きたくなりました*8

 

 

   実際は上記のアルバム以外に、1曲単位でリリースのシングルとかもちょくちょく購入してるんですが、その辺を取り上げ始めるとキリがなくなるので今回は割愛。Twitterでも呟きましたが、今年はスピード重視型の"インダストリアル・スラッシュ"が久々に盛り上がったなーという印象です。2010年代のインダストリアルメタルは、SwansやGodfleshの影響下でドゥーム、スラッジコア、ないしはデスメタル等と接近したバンドが多く、MinistryやKMFDM型のインメタを好む身としては少々物足りない思いもあったのですが、TRIAL、Black Magnet、Deafkids & Petbrickがそんな不満を吹き飛ばしてくれました。速いインダストリアルメタルだってカッコいいんですよ!まぁ「速さ命!!」みたいになられても困るんですけど。

 

 あとはこんなご時世なので仕方ないとはいえ、Ministryの25年ぶりの来日公演となるはずだったDownload Festival中止は無念でしたね。コロナの状況とアルさんの年齢を鑑みると、正直この先もう来日は難しそうな気がするので…。それどころか、向こうの国はついに感染死亡者数が全国民の0.1%(=33万人)まで到達しているようなので、ライブどころではないですよね。大統領が変わって果たしてどう変わるやら…。

 

 世界情勢に違わず、今年は私生活面でもなかなかゴタゴタが多かったので、来年はもう少し平和な一年であってほしいなぁ…というのが正直なところです。ブログ更新も相変わらずのペースですが、何とか続けていきたいですね。では、よいお年を~

*1:BandcampからCD買ってもいいんですが、コロナのこのご時世、直輸入だとちゃんと届くのか不安で手を出せていないというのもあります…。

*2:ついでにVo.の胸毛も濃い。ジャケ参照。

*3:というかインダス系のバンドって十中八九この2組で例えられますよね。「この2組でないと一般層に通じないでしょ」というフォロワーさんの指摘には頷くしかなかったですが…(苦笑)。

*4:何となくAlternative Tentaclesにこんなバンドいそうだな~という気もしますね。Grotusとか似てるかも。

*5:らしい。ユニオンのHPでも特集されてたりします→【特集】20 BUCK SPIN特集:知る人ぞ知る!DEATH/DOOM METALの先駆者レーベル! |ニュース&インフォメーション|HARD ROCK / HEAVY METAL|ディスクユニオン・オンラインショップ|diskunion.net

*6:先述したBlack Magnetの1stもここからのリリースです。

*7:初期が好きな人は、クリス・ワトソン脱退後のファンク・スター(笑)路線や、テクノ路線を毛嫌いするイメージがあるので。あくまで個人の印象ですが。

*8:さっそく編集盤の"The Living Legends..."を購入して勉強中です。

Skinny Puppy - Too Dark Park

f:id:giesl-ejector:20200917211818j:plain

 

  スキニー・パピーの代表作として挙げられることも多い6thアルバム(通称"暗杉公園")。一方でネット上での評判を見ていると(特にインダストリアルマニアの間では)、ハーシュEBMの完成形として「VIVIsectVI」を、唯一無二の域まで上りつめた究極形として「Last Rights」を推す方が多く、意外に本作は影が薄いイメージもあったりします。まぁ4thから7thまでの彼らは、各アルバムで異なる方向性を突き詰めつつ、毎度のようにハイクオリティな傑作を叩き出していた文字通りの無双状態ですから、それぞれを単純に比較するのは野暮というものでしょう。

 

  「動物実験反対」を唱えた4thに続き、本作のテーマは"Environmental degradation=環境破壊"。こういうテーマの場合、保護対象を「危機に瀕した美しい自然」として賛美しつつ「こんなに素晴らしいものを壊すなんて!」と文明を非難するのが常套手段なんですが、この人たちの場合、保護対象を「破壊・汚染されてしまった異形の自然」として醜悪な姿で描き出し、「このままだとお前らの世界もこうなるぞ」と言っているのが一寸捻くれてますね。高尚なテーマを掲げていても、あくまで露悪的に現実を抉り出し容赦なく目の前に突き付けてくる表現手法は、Throbbing Gristleから脈々と続く"インダストリアル・ミュージック"のコンセプトに忠実です。また、ラブクラフトの「宇宙からの色」を思わせる毒々しくも美しいアートワークは、Jim Cumminsという人の手によるもの。おなじみSteven Gilmoreを起用しなかったのは、音もビジュアルも含め、今までとは違う新しいアルバムを作りたい…という思いがあったためのようです*1

 

 そんな本作は、cEvin Keyいわく「本当の意味でパピーのアルバムだった"VIVIsectVI"に続く作品」だそう*2。確かにメタル・ハードコア色はやや後退しましたが、「Rabies」で獲得した狂犬的テンションの高さをそのまま、「VIVIsectVI」までのエレクトロニクス主体の方法論でフィックスすることに成功しています。さらに、以前の音源よりも重低音が強化され、厚みと迫力を増した結果、その発狂具合がよりダイナミックに伝わってくるようになりました。ヘッドホンで聴くとエグさが段違いです。また、単にハーシュEBM路線に回帰するのではなく、#3の民族的なパーカッションや#5のフレットレスベースなど、より生の楽器を活用した音作りが印象的。そのせいもあってか、激しく電気処理で歪められた音にも関わらず、妙に有機的でグロテスクな印象を受けます。これも「汚染された自然」のメタファーなんでしょうか。

 

 そして、今までも十分に奇抜だったリズムトラックはここに来てさらに混迷を極めています。個人的な1つのキーワードは「痙攣」*3かなと。しゃくりあげるかのように暴走したかと思えば唐突に大人しくなり、次の瞬間にはまた引きつったまま走り出すテンポに、完全に聴き手は置いてきぼり。唯一メタルギターを前面に出した#8ですら、痙攣する神経質なリフのおかげで、一般的なメタルっぽさを完全に払拭しています*4。狂気と正気を瞬間的にスイッチングしながら突き進む展開は非常にスリリングで、先が読めない緊張感にゾクゾクさせられます。このEBMらしからぬ、"突然ブチ切れる"極端な静と動のダイナミクスは、後のNINの2ndやNumbの3rdにも色濃く受け継がれていますね。

 

 それでいて各曲の長さは3~4分台で統一されており、また楽曲ごとの個性も際立っているため、アルバムを通じてダレるということが全くありません。のっけから変則ビート・変態リズムと雷のようなギターノイズを駆使して破壊を極める#1、腐臭を漂わせながら陰鬱に自然の恨み・嘆きを呟く#5、神経質な偏執ダンスビートと美麗なシンセサイザーがせめぎ合う#6や#9、中盤からの疾走がクールな盛り上がりを見せる人気曲#7など、語り始めればキリがないほど粒ぞろい。捨て曲なしの圧倒的な完成度です。

 

  本作を引っさげた2年ぶりのライブツアー*5は、ファンの間ではもはや伝説。ステージ中央には巨大な植物のようなオブジェ(テレビモニターが内蔵され、注射器などが絡みついている)が鎮座し、機材の間にも樹木あるいはツタのようなものが並べられた光景は、どこかゴシック・ホラー調で異様です。オーガさんが終始血みどろなのは平常運転ですが、何といってもハイライトは"Stilt Man"と呼ばれる竹馬スーツによるパフォーマンスでしょう。金属製の拘束具のようなものを手足に装着したオーガさんの、昆虫のようなシルエットはインパクト大で、パピーのドロドロとしたライブのイメージとして真っ先に挙げられることもしばしば。後にマリリン・マンソンが好んで使用したことでも有名で、一般的には竹馬=マンソンのイメージが強いかもしれません*6。この竹馬スーツ、#3のPVにもちょっとだけ登場しています。

 

  PVといえば、本作に関連する映像作品として「Too Dark Park Backing Film」というブートビデオが知られています*7。これはその名の通り、元々はライブ演奏中にステージのバックスクリーンに投影するために制作されたもの。したがって、プロモーション用にオンエアを想定して作られたPVとは性質が異なります。ほとんどが映画のワンシーンやドキュメンタリー映像などを継ぎ接ぎした著作権ガン無視の構成で、映像としての展開らしい展開もありません(ただの背景映像なので)。また当然ながら、本アルバム以外の曲でもセトリに入っている曲には映像が存在しています*8。現在ネット上でよくPVとして紹介されている"Tin Omen"や"Convulsion"のビデオも、実は全てこのBacking Filmの映像*9。とはいえ、Too Dark Park以前にほぼ同じ手法で作られた"Worlock"のビデオ*10だけは、一応公式にPVとして扱われているので、本質的に違いがあるわけではないんですが…。正確に言えば、"Worlock"でやったことを更に推し進めて、ライブ向けの背景映像を作った…というのが実際のところでしょう。

 

 今は亡きEBMファンサイトで、"すでに自縄自縛に陥っていたEBMが見出した唯一の突破口" " EBMの到達点でもあり次への第一歩"と評されていた本作。しかし実際のところ、パピーの影響下からスタートしたダークエレクトロなどの後続組も本作を超えることができず、EBMと同じように自縄自縛に陥っている印象もあるのは皮肉なところ。結局、EBMやその派生ジャンルは、現在に至るまでパピーが提示した"次への第一歩"を踏み出せないままでいるのかもしれません*11。唯一の例外として本作から4年後、すっかりEBMが下火になった頃に、稀代の天才/孤高の暗黒王子がこの突破口を飛び越えて歴史的な一作を産み落とすのですが…。そちらについてはまた別の機会に。

 

Released Year:1990

Record Label:Nettwerk, Capitol Records

 

Track Listing

  1. Convulsion
  2. Tormentor
  3. Spasmolytic
  4. Rash Reflection
  5. Nature's Revenge
  6. Shore Lined Poison
  7. Grave Wisdom
  8. T.F.W.O.
  9. Morpheus Laughing
10. Reclamation

 

 Pick Up!:#3「Spasmolytic」

  EBMともメタルとも異なる、異様なテンションと焦燥感が癖になるシングル曲。タイトルは"鎮痙薬"という意味ですが、1曲目から痙攣激し過ぎたので抑えに来たのかと思いきや、ますます痙攣してますね。この薬、本来は手術等で筋肉を弛緩させるためのものなのですが、依存性があり乱用されるケースもあるらしいです。つーわけで要はドラッグソング。といっても歌詞を見る限り、これはドラッグ断ちの様子を描写している模様です。煙草を切らした喫煙者が貧乏ゆすりをしているかのような、イライラをそのまま具現化した怒涛のドラミングが秀逸。あとこの曲は”Tin Omen”と並んで歌詞のリズム感が素晴らしいと思っています。特に"She sits alone in the worry she's created"の語感とか最高。もはや歌詞を見なくても1曲通して口ずさめるようになってしまいました(キモい)。

 

*1:こちらのインタビューより→http://litany.net/interviews/103190.html

*2:出典→http://litany.net/interviews/aphilt.html 暗に「パピーのアルバムではない」と言われるRabies…。

*3:#1のタイトル"Convulsion"は文字通り"痙攣"を意味します。

*4:ちなみに今回ギターをプレイしているのは"第4のメンバー"ことDave Ogilvie。

*5:前作"Rabies"の時は、アルバム発表後にオーガさんがミニストリーのライブに帯同してしまったため、Skinny Puppyとしてのツアーは行われませんでした。

*6:初出は"Sweet Dreams"のPV。その後ライブでも"Kinderfeld"、"Tourniquet"、"The Nobodies"等の演奏時に使用されているのが確認できます。

*7:詳細はこちら→http://www.skinnypuppy.eu/vault/db_1990.php

*8:逆に、ライブで演奏された曲の分しか映像が用意されていないので、当時のツアーでは披露されなかった#2や#7、#9のビデオは存在しません。

*9:そのグロさが特筆される"Convulsion"のビデオには、「エンゼル・ハート」という映画のシーンが主に使われています。

*10:グロ過ぎるせいで一度もオンエアされたことが無く、また著作権の問題からPV集にも収録されていないという不遇っぷり。

*11:そこも含めて愛おしいジャンルではあるのですが。

Marilyn Manson - Antichrist Superstar

f:id:giesl-ejector:20201009235424j:plain


 全世界の厨二病キッズ御用達のアンチ・ヒーロー、マソソソマソソソの代名詞的アルバム。そのイロモノ的なキャラと良くも悪くもキッズ受けする分かりやすさ、そして近年のグダグダな迷走っぷりもあってか*1、いわゆる「玄人リスナー」あるいは「インダストリアルガチ勢」の皆さんからはソッポを向かれがちなマソソソさんですが、いやいや初期の作品、特にこのアルバムはサウンドメイキングも緻密だし、ちゃんとインダストリアルしてるんですよ…ということで書いてみます。

 

  デビュー当初からトレント・レズナーの息がかかっていたとはいえ、基本的な曲作りの面ではトレントさんはノータッチだった模様。そのせいか、1st完成後にアルバムを聴いたトレントが「聞きたくないだろうけど、正直に言って良いとは思えないんだ」的なことをマンソンに伝え、マンソンも「そうだな、君の言うとおりだ」と謙虚に認めた…という、今の両者からは信じられないような男の友情エピソード(?)もあったりします*2

 

 というわけで、今度こそは「本当に良いレコード」を作るべく、ゼロからトレント×マンソンの共同作業でアルバム制作がスタートしました(結果的に、アルバム中3曲の作曲でトレントさんがクレジットされています。)。しかし、当初からレコーディングは難航。バンド側のモチベーション不足&ドラッグ浸りで曲作りは進まず、プロデューサーのDave OgilvieはTVゲームに夢中で部屋に籠りっぱなし…という有様(何してんすかデイヴ)。苛立ちを募らせたメンバーは次第に破壊的になり、とにかく機材を壊す、メンバーの私物を壊す…といった行動が常態化していきます。特にデイジー・バーコウィッツ*3への風当たりは強かったようで、ドラムマシンは窓から投げ捨てられ、4トラックレコーダーはレンジでチンされ…と散々な目に。あげくトレントがデイジーのお気に入りのギターを嫌がらせでアンプに叩きつけ破壊し、笑って立ち去った…という胸糞エピソードも*4。その結果、アルバム完成前にデイジーは脱退に追い込まれてしまいます*5。最終的にマンソンは、ドラッグに溺れつつ4日間ぶっ続けで起きていた時に、それまで求めていたインスピレーションを得ることに成功。以降、意図的に睡眠不足のハイな状態を作り出して録音に臨むようになります。それを維持するべく、自傷行為や更なるドラッグが追加され…ともうメチャクチャ。まさしく"This is beyond your experience…"って感じですな*6

 

 Trent Reznor/Dave Ogilvieのエンジニア組もかなり狂っていて、レコーディング開始時に「ギターアンプを一切使わない」という謎ルールを自分たちに課していたそうです。安易にアンプに頼らず今までにないサウンドを作ろうという試みだったようですが、おかげでDave Ogilvieは随分苦労させられた模様*7。1曲につき1枚のアルバムを作るような熱意で7~10日間みっちり取り組み、完成したらまた一から次の曲…という工程を繰り返したせいで、疲労もかなりのものだったようです*8。5曲目に入る時点でメンバー全員が疲れでガタガタだったそうで、こんな作業をスタジオで約8か月も缶詰になって続けていれば…当然の帰結として、レコーディング終盤にはメンバー同士の人間関係もボロボロに。結局、アルバム完成前にDave Ogilvieはバンド側から解雇され、ちょうど「ロスト・ハイウェイ」サントラの作業を始めていたトレントと共にアルバム制作から離脱。最終的なプロダクションは、NINで長らくミキシングを務めていたSean Beavanが担当しています*9。レコーディング終盤の時点で、既にトレントとマンソンの間には方向性の違いが生じていたようですね*10

 

  そんな滅茶苦茶のカオスと文字通り血の滲むような努力(?)の中から産み落とされた本作は、マンソンの作品中でも群を抜く緊張感と凶暴性を湛えています。というか常にマンソンの代表作とされながら、明らかにこの人のキャリアの中で一番浮いてるんですよね。それはやはり、曲作りの根幹からトレント・レズナーが関わった唯一の作品だからだと思っています。

 

 個人的な本作のサウンド面での肝は「限りなく生のバンドサウンドに聞こえるインダストリアルメタル」。ミニストリーのように機械的な無機質さ・単調さを前面に出したタイプではなく、中期スキニー・パピーのようにエレクトロニクスを"汚く壊して"使ったタイプのインダストリアルメタルです。ドラムやギターのサウンドを1つ1つ見ていくと判りますが、全体に電気的処理を加えてありながら、生の音以上にグチャグチャドロドロと生々しい質感。喩えるならば、一見してマシンと判るロボではなく、本物の血肉で巧妙に偽装されたサイボーグ(もといターミネーター)…といったところでしょうか。良くも悪くも整理された印象のあるこの後の2作と比べると、より混沌とした印象を受けるのもそのためでしょう。バンドサウンドの上に電子音をフィーチャーしたのか、電気処理されたパーツでバンドサウンドを偽装しているのかの違いですね。

 

 "March Of The Pigs"のあの印象的なドラムが、実は生録音に聞こえるように加工された打ち込みである、というエピソードに象徴されるように、トレントさんはスキニー・パピーの生々しく破壊的なエレクトロニクスの使い方に影響を受けて「The Downward Spiral」を制作しました。その手法を、パピーの音作りの仕掛人だったDave Ogilvieと共に、バンドのプロデュースに適用した結果産み落とされたのが本作…と自分は捉えています。エレクトロニック・ノイズに怒り・情念・狂気を乗せ、本物以上に増幅して吐き出す、そんなアプローチこそが今のマンソンに必要なもの…というトレントさんの判断だったのでしょう。それは目論見通り成功し、本作を以てマンソンは晴れて憎むべき世界の敵として君臨することになるのです。2人の友情を犠牲にして。

 

 先述の通り、ある程度洋楽を聴く人はマンソンを途中で"卒業"してしまい、「いやマンソンとか全然インダストリアルじゃねーしwww」と軽く見られてしまうことも多い印象。確かにそれは間違ってないんですが、少なくとも本作に関しては"ミーハー向け"の烙印を押して無視するにはあまりに巨大なマイルストーンでしょう。何といってもトレント・レズナーとブライアン・ワーナーという2人の天才が本気でエゴをぶつけ合い、周囲の世界どころか2人の絆までも破壊し尽くして生まれた「奇跡の一枚」なのですから。トレントさんの貢献度を鑑みても、これはNINの2ndと3rdの間にある彼の作品の1つ、とカウントしてもいいとすら思っています。凡百のフォロワーバンドはもちろんのこと、本人たちですら間違いなく二度と作り出せない孤高の作品。「マンソンとか高校のとき以来聴いてないなぁ」みたいなそこのあなたも、この機会に改めて聴き直してみては。新しい発見があるかもしれませんよ。

 

Released Year:1996

Record Label:Nothing / Interscope

 

Track Listing

Cycle I - The Heirophant
  1. Irresponsible Hate Anthem
  2. The Beautiful People
  3. Dried Up, Tied And Dead To The World
  4. Tourniquet
Cycle II - Inauguration Of The Worm
  5. Little Horn
  6. Cryptorchid
  7. Deformography
  8. Wormboy
  9. Mister Superstar
10. Angel With The Scabbed Wings
11. Kinderfeld
Cycle III - Disintegrator Rising
12. Antichrist Superstar
13. 1996
14. Minute Of Decay
15. The Reflecting God
16. Man That You Fear
17-98 [blank]
99. hidden track

 

 さて、ここまで個々の楽曲に全く触れずに筆を進めてきてしまったので、久しぶりの以下全曲解説。たまにはサービスサービスぅ!

 

#1:"We hate LOVE !, We love HATE !"という倒錯したコールから幕を開ける疾走曲。サビでのド直球な歌詞とは対照的に、コーラス部分で急に横乗りにチェンジしたりと、実は展開が独特で捻くれてます。ベタベタベタベタ、暑い!ベタベタベタベタ、夏!(空耳)の所の気持ち悪さが個人的に好き。

 

#2:本作からのシングル第一弾。これについては今更語ることすら不要でしょう。"Old-fashioned fascism will take it away !"のシャキシャキした語感がパピーっぽくてナイス。MTVアワード'97での弾けっぷりとか名演は数多ありますが、やはり2000年のFragility TourでNINに乗り込んでコラボした際の演奏を推したいです。会場の盛り上がりも含め、色々と胸アツ。

 

#3:前2曲が強力過ぎるせいでどうしても影が薄いですが、よく聴き込めば味わい深いスルメ曲。コーラス部分のダイナミックなドラミングや、ボディブローのようにじわじわと効いて来るサビの盛り上がり方、ラストで突然顔を出すメタリックなリフが好み。ライブでは珍しくマンソンがギターを持ちますが、そのプレイ意味ある?と突っ込んではいけません。

 

#4:シングル第二弾。次作以降のメロウな展開を予期させる雰囲気を持った、やや控えめな印象の曲。マンソンもこの時期にしては情感たっぷりに歌い上げています(「感情込めすぎ」とトレントにNGを食らい、拗ねてしまったこともあるらしい。子供か。)。この曲はダンサブルなベースラインが肝でしょう。PVは相変わらずエグさ全開で、虫苦手な人は閲覧注意。

 

#5:「作曲にトレント・レズナーが名を連ねた3曲」の1曲目。3分足らずを一瞬で駆け抜けていくパンキッシュな曲ですが、サビのギターリフは一捻り凝っていますし、ブリッジ部分にしっかりブレイクを挟んだりと小技が効いています。NINの"Big Man With A Gun"もそうですが、こういう瞬間的に爆発する曲を作らせてもピカイチなのは流石全盛期のトレントさん。近年になってライブのセトリにも登場したらしいのは驚き(短いから衰えた喉でも歌いやすいんでしょう)。

 

#6:キーボーディストのポゴが1人で作曲した曲(でもメロトロンはトレントがプレイ)。本作の中で最もエレクトロニックかつ不穏な質感のサウンドです。後半の、調子外れでありながら怖さと美しさを兼ね備えたボコーダーの使い方、どこか既視感があると思ったら、パピーの"Worlock"ですねコレは。あと、カルト映画「Begotten」の監督として知られるE. Elias MerhigeによるPVは、曲に違わず超不気味な世界観で素晴らしいです*11

 

#7:「作曲にトレント・レズナーが名を連ねた3曲」の2曲目です。EBMっぽいデケデケシーケンサーが印象的でツボ。ドラムもその辺のドラム缶ぶっ叩いたようなサウンドで良いですね。臓物を引きずっているかの如くグロテスクな曲調といい、コーラスの "You're such a dirty, dirty"の癖になる感じといい、#6と#7の2曲は特にパピーの影響が色濃くて気に入ってるんですが、世間的には人気無いようで残念。

 

#8:最初は完全に捨て曲と思ってほとんど聴いてませんでした。改めて聴くと、80年代ニューウェイブの香りを残す雰囲気は1stの頃のようで嫌いではないんですが、せっかく初期のこけおどし感を払拭したシリアスな本作においては、やはり浮いている印象が否めません。シングルのB面とかでよかったんじゃ…と思ってしまいますね。

 

#9:これも最初はそんなに…という感じだったんですが、今ではそこそこ気に入ってます。よく耳を凝らすと、ヴァース部分のドラミングが地味ながら結構複雑。ちなみに今度はリードギタートレントがプレイしてます。「(アルバム全体を)もっと自分に任せてくれればさらに良くなったはず」と豪語していたトレントさん、意外と出しゃばりですね。最後はお決まりのハーシュノイズに埋める展開でそのまま次曲へ。

 

#10:こちらは隠れた(?)人気曲。本作を引っさげたツアー「Dead To The World」ではオープニングを飾っていました。キリング・ジョークの影響を感じる呪術的なドラミングとダンサブルで小気味良いギターリフ、そしてマンソンの畳みかけるような早口発狂ヴォーカルが癖になります。個人的にも実は#12や#13より好きな曲だったり。ちなみにリードギターを弾いているのはNINのダニー・ローナーです。

 

#11:ある意味アルバム中最もヘヴィで淀んだ空気を持つ曲。サウンドエフェクトはかなり凝っていて聴き応えあるんですが、いかんせん元の曲自体がそこまで…といった感じ。むしろ、あまり面白くない原曲をよくここまで仕上げたな~と評価するべきかもしれません。ライブでは一瞬ですがマンソンがリコーダー(!)をプレイしていて、ある意味必見です(というかあれをプレイと言っていいのか)。色々とんでもないことになってるので。

 

#12:聖書破りパフォーマンスで有名なアルバム表題曲、もとい「暗黒面に堕ちた"We Will Rock You"」。スタジオ盤も壁のように分厚いギターサウンドが結構独特で面白いんですが、こればっかりはやはりライブ音源が本領を発揮しているもしれませんね。この曲には#6と同じ監督によるモノクロのPV(恐らく当時お蔵入りになったと思われる)が存在しており、そちらも必見。余談ですが、"Cut the head off / Grows back hard / I am the hydra"の一節を「頭をぶった切る / 後ろ向きに進むなんてキツイことさ / 俺はヒドラだ」と訳した邦訳はセンス無さ過ぎ*12。「頭を切ってみろよ、(俺はヒドラだから)すぐまた生えてくるぜ」的なニュアンスなんですがねぇ…。

 

#13:これも#1と並んで今や貴重な高速スラッシュ曲。ですが#1に比べると勢いに頼りすぎな感じもあって、ちと飽きやすいのが玉に瑕。ライブ向けの曲といったところでしょうか。実際、当時のライブではマンソンの演説を交えつつ演奏するトリッキーな演出で披露されていました。

 

#14:クライマックスへ向けての箸休め…かは知りませんが、またまたテンションの低いダークな曲。アウトロの反響するピアノをはじめ、不思議な哀愁と浮遊感があってこれ単体だと結構好きなんですが、#12~#16までの流れで見ると、アルバム終盤の勢いを殺しているようにしか思えないのがちょっとアレ。クオリティというより曲順で損してる気の毒な曲ではありますね。

 

#15:「作曲にトレント・レズナーが名を連ねた曲」の3曲目であり、本作の中でもイチオシに大好きな1曲。まずTwiggyのゴリゴリとしたベースラインが既にキマってます。そのベースが主導権を握る抑えたヴァースから、一気に爆発するコーラスの鮮やかな対比はお約束ながらもやはりカッコいい。ブリッジ部分のドラマチックな"Forgiveness ! !"連呼を経ての疑似ライブ歓声、そしてアコースティックパートから最後の爆発へ~の流れは何度聞いても強烈なカタルシスを得られます。ラスト大サビの、もはやノイズと一体化した金切り声のシャウトも堪りません。全編にわたって言うこと無しの、まさに神曲。これをライブのオープニングに持ってきてた全盛期のマンソンって一体…。

 

#16:前曲での爆発を経て始まる最終曲は、まさにアンチキリストのための葬送歌のような1曲。終始背後を漂う不穏なノイズと、これまたトレントさんお得意の寂しげなピアノに導かれ、物語はじりじりと、しかし着実に最後の瞬間へと近づいていきます。「お前の愛した子はいまやお前が恐れる怪物になった」「祈れよ、お前の人生は全て夢に過ぎなかったと祈れ」という歌詞が痛烈。そして最後のサビが終わった後、夢も人生も全てが崩れ落ちていくかのように耳を覆いつくしていくノイズ処理が何とも言えず素晴らしい。NINの"Hurt"と似ているようで全く逆のベクトルを向いた、救いようのないバッドエンドでアルバムは幕を閉じます。最後に子供の声でリピートされる"When all of your wishes are granted, many of your dreams will be destroyed"の一節も絶望的で好きですね*13 。

*1:ちなみに私の場合「Born Villain」はかなり好きです。あれでマンソンもついに復活!と思ったんですが…。

*2:出典①→https://www.theninhotline.com/archives/articles/manager/display_article.php?id=667

*3:初代ギタリスト。創設メンバーの一人であり、曲のほとんどを書いていたバンド初期の功労者です。

*4:出典②→Marilyn Manson's 'Antichrist Superstar': 8 Insane Stories of Drugs, Pain, Pushing Limits | Revolver

*5:そもそもトレントさん、デイジーの作る曲がオールドスクールHR/HM過ぎるという理由で気に食わなかった模様。ACSS完成後のインタビューでも「アイツが曲を書いていた頃はダメだった」的な事をのたまっています(出典①より)。自分はすぐに潰れる豆腐メンタルの癖して、ホント他人に対しては容赦ねぇなトレント…。

*6:ここまでのエピソードについては出典②参照。

*7:本人は「戦争でもやっているようだった」と述懐しています。「だからお前を雇ったんだろ。それこそお前にやってもらいたかったことなんだから」とも言われたそうですが。

*8:この辺りの事情はかつて存在した日本語インタビューサイトに詳しかったのですが、Wayback Machineにもアーカイヴされていなかったので、一部をここに。https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/giesl-ejector/20201010/20201010114635.jpg

*9:英語版wikiより→https://en.wikipedia.org/wiki/Antichrist_Superstar#Recording_and_production

*10:亀裂が決定的になるのは、ACSSのヒットでマンソンが鼻持ちならないビッグスターになり、一方のトレントが本格的にスランプに陥る97年以降のことですが。

*11:というより、シーンの多くは「Begotten」本編からそのまま流用されています。

*12:まぁこれに限らず、本作の邦訳は直訳ばっかりで大概酷いんですが。これだからメタル業界は…。

*13:ちなみに99曲目のシークレットトラックは、サンプリングノイズと語り中心のインタールードなんですが、#16の最後のサンプリングボイスから始まり、#1冒頭のサンプリングボイスに繋がるように編集されています。